ver5.png
今回作るのはこちらのグラフ.どこかの参考書にありそうでしょう?


利用するのは,フリーソフト

         Geogebra & Inkscape 

です.

Geogebraはグラフを描画するソフトです.

Inkscapeはドロー系という種類の絵を描くソフトです.


この二つを使うと複雑なグラフの教材もあっという間にできてしまいます!!


※気に入っていただけたら、是非、ナイスボタンやアドバイスをお願いいたします!! またリンクも自由です。


必要なソフトをダウンロード&インストールする

GeoGebraは

http://www.geogebra.org/download

からダウンロードします.

Inkscapeは

https://inkscape.org/ja/download/windows/

からダウンロードします.

ダウンロードしたファイルを開いて,画面に従えば簡単にインストール可能です.


まずGeoGebraでグラフを描きます

GeoGebraを起動すると下のような画面が表示されます.

 geogebra.jpg


赤枠のところに,

sin (x)

と打ってEnterしてください.続けて,

sin (2x)

と打ってEnterしてください.グラフが描けるはずです.

さらに,交点を打ったり,線をつないだりします.

この作業は,GeoGebra特有の操作方法を用いると極めて簡単にできます.

詳しくは,「GeoGebra日本」のホームページをご覧ください.

グラフの作成0.png

(グリッドは消してあります.消し方は,軸を右クリックして,

グラフィックスビュー→グリッド→グリッドを表示のチェックを外す)


GeoGebraで非表示にできるものは非表示にした方が後々楽です.


しかし,まだ,余計な文字,点があったり,軸やグラフの太さなどが印刷物としては物足りないです.


そこで,第二のソフトInkscapeを利用します.


GeoGebraで

ファイル→エクスポート→グラフィックスビューを画像として

でダイアログを開き,「svg」で保存します【重要】.



Inkscapeで追加の加工をします

すると,Inkscapeで開けるファイルを保存できます.

Inkscapeはドロー系ソフトなので,図形をバラバラに扱えたり,拡大縮小しても画像が劣化しないといった特徴があります.


さて,Inkscapeでファイルを開いたら,画像全体を選択して,グループを解除します.キーボードで「Ctrl+Shift+G」を何度も押下してください.

すると,グラフがバラバラになります

 バラバラ.jpg

あとは,塗りつぶしツールで色を付けたいところに色をつけ,線の太さを調節し,いらないところは捨てるだけです.

 ver4.png

座標軸の太さ:グラフの太さ=5:7がおすすめ.


あとは文字を加えて完成です!

InkscapeはTexの数式を入れることもできます.分数やルートが必要なら使える機能です♪

(普通に文字だけならInkscapeだけで可能)

Inkscape (Win)でLaTeX数式を使えるようにする

必要に応じて使ってください.

ver5.png

           完成!


InkscapeとGeogebraの両方に慣れるまでは,やり方を迷うかもしれませんが,ネットで検索すれば,使い方はあちこちに書いてあります.

調べながら使ってみてください.

慣れると,かなり効率的だと思います.