人生にはたまにびっくりするようなドラマチックな出来事がある。

私が主人公になることもあれば、

名脇役(のつもり)として登場することもあるし、

華を添える一人としても登場したい。

ええ、こちらは希望。

私、本日、寝不足です。

「ちょっと聞いてくれる~」と保育園時代からの友人に

愚痴愚痴と娘のクラスの事件を電話で話し、

そろそろ寝ようとした0時過ぎ、

ロンドンのパルからメッセージが来た。

「昨日の夜、彼に”結婚してくれる?”って聞いたら、

YES!って。即答をもらった。」

なんてメッセージが来て、眠れますか?!

もうスッポンの如く、食いついて、鼻息荒く聞きましたとも。

彼女の大学での授業開始とともに終わりましたが、

なんだか私が興奮して眠れない。

全く関係ない私が、なんだかドキドキ…。

結婚を報告される女友達、映画やドラマによくあるワンシーンですよ。

「おめでとう~!」と黄色い声で言われるのをよく目にするアレ、

鼻息荒くすっぽんの如く質問するのが現実です。

私のパルたちは、長く付き合っているボーイフレンドはいるけれども

結婚していない、というパルたちが本当に多い、

今の状況に満足で結婚でよくなるということもないだろうから、

結婚という古い慣習が好きではないから、

一度、失敗して結婚の酸いも甘いも知ったから、

みんなそれぞれにあるけれど、

ロンドンのパルも一度経験している結婚に夢を抱くこともないし、

今の関係で満足している、と聞いていただけに

「その突然の心境の変化は何?!」とびっくりした。

付き合って2年、同棲して1年、何度も求婚されていた。

いや、もう、私が話を聞くだけでも、

「彼も頑張るわね~」と思ってましたが、ついに実ったのね!

なんで、あなたからプロポーズしたの?

あれだけ彼からプロポーズ攻撃を受けていたんだから、

いつものように彼に言われたときに「YES」と言えばいいだけでしょ?と

質問したところ、

アメリカ人の彼(正確には米英ハーフですが、

アメリカ人気質と彼女は言う)は

「とにかくプロポーズを派手に大々的にロマンチックにしなければ

いけない!という思い込みがある」と。

イギリス人の彼女に言わせれば”それがいかにもアメリカっぽい”らしい。

「だから、私がプロポーズしてそのストレスから解放してあげたのよ」と

お茶目に語っていた。

「あなたが遠いのは知っているし、来るのが大変なのも知っているけれど、

結婚式に招待したい。」と言われまして、

つい「素敵~!!」と答えてしまった。

まだ未定の結婚式ですから。

「ただ、これだけは忘れないでほしい!」とリクエストをしておいた。

「招待状を送る前に、私にイギリスの結婚式マナー本を送って!」と。

「笑、もちろん。」と。

招待状はともかく、イギリスのマナー本、読んでみたいかも。

春画のお礼にBL本、ドラえもん、私の選んだマンガ2冊、

それに「和食の基礎」という和食のレシピ本を入れた。

日本酒もみりんもほんだしも醤油もあるというロンドンの彼女、

なんと先日、私と同じ日に”いなりずし”を作っていたことまで判明。

和食のレシピ本、かなり楽しみにしている様子。

無事に着くといいけれど。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村